ロゴ:きものと舞う

©2015 Kimono to mau

きものと舞うについて

「着付け」と「上方舞」をひとつに。

「自分で着られたらいいけど、なんだか難しそう」
「日本舞踊って敷居高そう、きっと誰もができることじゃない」
こんなお話をよく聞きます。
でも、そんなことで諦めてしまったらもったいない。
“きもの”と“日本舞踊・上方舞”の両方を、
初心者でも気軽に体感できる場所があったら、
単調になりがちな毎日にアクセントが生まれたり、
ふだんの生活が何倍も楽しくなるのに…。
そんな想いで、この教室を始めました。

着付け

日本の文化のひとつ“きもの”。
今では特別な時に着る衣装となっていますが、
ひと昔前までは、普段着でした。
日本人の体型や風土にマッチしたきものを、
あなたの魅力の一つとして加えてみませんか。
当教室では「カンタン・ラクチン、キレイ」をコンセプトに、
きものを日常に採り入れやすくするため、
心地よく着られるようにお教えします。

  •  カンタン:着付けを5回のレッスンでマスター
  • ラクチン:窮屈じゃない苦しくない着方を体験
  • キレイ:簡単なのに驚くほど美しく見える
 

カリキュラム

カンタン・ラクチン・キレイコース(初心者向け)

(全5回、90分/1回、完全予約制) お友達同士での受講も可能です。

カンタンプラスコース

(全3回、60分/1回、完全予約制)お友達同士での受講も可能です。

日常に取り入れやすい名古屋帯と半幅帯での結び方と、お出掛け時の袋帯の結び方のレッスン。

ワンポイントコース

(60分/1回、完全予約制)

ご自身で着ていくなかで「ここがうまくいかない」というお悩み部分を集中して解決します。

着物の時の美しい姿勢と所作レッスン(初心者向け)

(60分/1回、完全予約制)お友達同士での受講も可能です。

すぐに役立つ!着物を着ている時の美しい姿勢と所作を学んでみませんか?

“SUMMERキャンペーン”浴衣着付けレッスン

(90分/1回、完全予約制)お友達同士でのお申込みも可能です。

6月〜8月期間限定、90分完結レッスン。お悩みワンポイントアドバイスレッスンとしてもご利用ください。

上方舞レッスン

稽古風景 日本舞踊

きものを自分で着て、日本の伝統芸能・文化に触れてください。
いま海外から日本の文化は注目を集めています。
私たちが自らの文化に誇りを持ち楽しむことで、
より本物の存在になっていくのではないでしょうか。

山村流とは

文化3年(1806年)、上方歌舞伎の振付師・山村友五郎を流祖とし、大阪で生まれた舞の流儀です。上方舞の流派“上方四流”の一つとされています。大阪の花柳界や、商家の女性の行儀見習いとして栄えました。

上方舞とは

日本舞踊には踊りと舞があると言われています。歌舞伎舞踊から舞台芸術のまま発展したのが関東の“踊り”、お座敷にて発展したのが関西の“舞”です。関西で生まれ発展した舞を総称し「上方舞」といいます。特に上方の流行歌であった“地唄”に振りをつけた「地唄舞」が有名で、能より作られた「本行物(ほんぎょうもの)」、動物など面白おかしく表現した「滑稽物(こっけいもの)」、切ない恋心を歌い込んだ「艶物(つやもの)」などがあります。お座敷という限られた空間のなか、季節や風情、恋心などのシーンを切り取り、抑制された身体の動きで心情を伝え、表現します。

カリキュラム

上方舞体験

(約30〜40分/1回、マンツーマン、完全予約制)

日本舞踊に興味があるけど自分にできるのかな…と戸惑っている方、ぜひ体験してみませんか?

上方舞レッスン(初心者向け)

(3回/月、マンツーマン、完全予約制)

上方の伝統芸能に触れ、上品で華やかな“はんなり美人”を目指しませんか?

 

お知らせ

new

2017.08.11

舞台出演ご案内「師籍六十周年記念 山村若佐紀 上方舞の会」

2017.05.31

Summerキャンペーン”浴衣着付け1dayレッスン”ご予約開始

2017.03.12

第10回 はるの会

2016.12.28

年末年始のお休みについて

2016.08.16

舞台出演のご案内

2016.05.29

サマーキャンペーン 大人の浴衣レッスン 6月より開始!

2016.04.21

5/13〜15、第6回 空堀ワークショップフェス「上方舞体験」で参加!

2016.03.11

第9回「はるの会」

2016.03.07

八尾教室スタート!

2015.11.27

カリキュラム・価格変更のお知らせ。ご受講いただきやすくなりました!

プロフィール

居相 美和子

山村 若静和

居相 美和子

1972年大阪府八尾市に生まれる。
幼い頃から着物に親しみ着物は大好きでしたが、洋服も大好きでお出掛け先に合わせて着物と洋服を使い分け楽しんでいました。広告制作会社や広告代理店で勤めながら、上方舞(山村流)と着付け(キモノ*スイーツ認定講師)のお稽古に励みました。
2006年 山村若静紀門下 入門。2010年 名取。2013年 師範。2014年 大阪・谷町六丁目“刻家”にて「山村若静和 上方舞レッスン」スタート。2015年 独立。大阪・空堀にて「着付けと上方舞教室 山村若静和 きものと舞う」スタート。

舞台歴

 
2010年
「縁の綱」(山村若佐紀 上方舞の会・国立文楽劇場)
2011年
「口切」(山村若佐紀 上方舞の会・国立文楽劇場)
2012年
「ままの川」(山村若静紀 はるの会・山本能楽堂)
2013年
「越後獅子」(山村若静紀 はるの会・このむら)
「瀧づくし」(山村若佐紀 上方舞の会・国立文楽劇場)
2014年
「ひなぶり」(山村若静紀 はるの会・このむら)
「ひなぶり」(ナレッジキャピタル・木曜サロン)
「雪」(山村若佐紀 上方舞の会・国立文楽劇場)
「ぐち」(えびす足袋イベント・えびす足袋本舗)
2015年
「鐘ヶ岬」(山村若静紀 はるの会・このむら)
「傾城」(山村若佐紀 上方舞の会・国立文楽劇場)
2016年
「萬歳」(山村若静紀 はるの会・大阪美術倶楽部)
「名護屋帯」(山村若佐紀 上方舞の会・国立文楽劇場)
2017年
「松竹梅」(山村若静紀 はるの会・大阪美術倶楽部)

アクセス 大阪市中央区谷町谷町6丁目11番29号

着付けと上方舞教室

山村 若静和「きものと舞う」

住所:
<空堀教室>
大阪市中央区谷町6丁目11番29号
<八尾教室>
八尾市南太子堂 ※自宅により以下非公開
電話番号:
06-7183-0773
URL:
http://wakashizuwa.jp