着物コーディネート 単衣の時季の暑さ対策に活躍する“楊柳” 半襟・襦袢・帯揚げ

着物コーディネート 単衣の時季の暑さ対策に活躍する“楊柳” 半襟・襦袢・帯揚げ

「楊柳(ようりゅう)」とは、縦方向に筋のようにシボ(漢字だと皺、つまりシワ)がある様子が、柳のように見えることからこのように呼ばれます。 シボの凸凹で生地が肌から離れやすいので、さらっとした肌触りで涼しく、吸汗性・速乾性に優れています。

私はこの楊柳の、見ため、肌触りが大好きで、5月6月9月10月は楊柳のものをよく使います。特に直接肌に触れる半襟・襦袢の袖にはおススメです!さらっとした肌触りがとても気持ちよくてストレスフリーです♪最高気温が25〜28℃の暑さなのに、夏きものにはまだ早いこの時季にできる暑さ対策です!

きものと舞う 着物

今日は帯揚げも楊柳にしてみました!チラッとみえるところもおしゃれが楽しめるの着物のいいとこですね〜。

きものと舞う 着物

厳密には”楊柳”は加工の呼び名だそうで、素材も絹・綿・麻・ポリエステルなどがあります。ちなみに、英語?フランス語?でいうとクレープとなります。”ちぢみ”というのも楊柳やクレープと同じだそうです。

 

こちらもいかがですか。

The following two tabs change content below.
居相美和子 miwako iai

居相美和子 miwako iai

八尾・大阪市内で、「きものと舞う」を主宰。初心者の人向けに、着付けと日本舞踊・上方舞を指導(山村流 山村若静和)。 くわしくはこちら。

生徒募集中!「日本舞踊・上方舞」「着付け」のお稽古を始めませんか?

「きものと舞う」<八尾><大阪市内>
o9o-6737-0773
https://wakashizuwa.jp/
お問い合わせは
こちら

<すべて、完全予約制・プライベートレッスンです。>
◆着物で伝統芸能を楽しむ「上方舞レッスン」、「上方舞体験レッスン
◆全5回で着物がきられるようになる「カンタン・ラクチン・キレイコース