春のお出かけ♪ 四月文楽公演へ 襲名披露は華やか、曽根崎心中はお勉強に。

春のお出かけ♪ 四月文楽公演へ 襲名披露は華やか、曽根崎心中はお勉強に。

着物でのお出かけが気持ちがいい4月。平成29年 四月文楽公演を観に国立文楽劇場へ行きました。今回は六代 豊竹呂太夫襲名披露公演でもあったのでロビーにはお祝いが飾られいつもより華やかな雰囲気となっていました。

歌舞伎での口上はテレビなどで観たことがあるという方もいらっしゃると思いますが、文楽でも襲名披露の際には口上があります。襲名される方を中心に舞台上にずらっと並び、太夫、三味線、人形の部からそれぞれ代表となる方が祝辞を述べらます。

普段、舞台上でお話をする姿をほぼ見ない方が冗談などの笑いも入れながらお話をする姿に「喋ってはる〜!声聞けた〜」と感動と親近感が湧きます(笑)。口上は普段の舞台では観ることができないものがあるので面白いです。

 

「曽根崎心中」は観たことがなくても聞いたことはあるという方もいらっしゃる有名な演目ですよね。私も大好きな演目で、なんども観てるのですが毎回楽しみになります。

今回はお初の人形役が桐竹勘十郎さん!女人形の巧みな表現が素晴らしく、自分の上方舞の勉強のためにも観なくては!という公演でした。

四月公演パンフレットより

“天満屋の段”、お初が打掛の足元に徳兵衛を忍ばせ縁先に座るシーン。二人の思いが深く繋がり確信となる、切ない場面です。足元に徳兵衛がいるものの、縁先に座っている設定のお初はほぼ上半身で気持ちを表現します。その動きにくぎ付け〜!必死に観ていました。美しい動きを観てイメージトレーニング!文楽は自分の上方舞の勉強にもなっています。

 

春のお出かけのご参考にこちらの記事はいかかですか?

他にも着物コーディネートの記事あります。こちらへ*

The following two tabs change content below.
居相美和子 miwako iai

居相美和子 miwako iai

八尾・大阪市内で、「きものと舞う」を主宰。初心者の人向けに、着付けと日本舞踊・上方舞を指導(山村流 山村若静和)。 くわしくはこちら。

生徒募集中!「日本舞踊・上方舞」「着付け」のお稽古を始めませんか?

「きものと舞う」<八尾><大阪市内>
o9o-6737-0773
https://wakashizuwa.jp/
お問い合わせは
こちら

<すべて、完全予約制・プライベートレッスンです。>
◆着物で伝統芸能を楽しむ「上方舞レッスン」、「上方舞体験レッスン
◆全5回で着物がきられるようになる「カンタン・ラクチン・キレイコース