着物コーディネート”6月の気候にむいてる単衣” 着物の中と小物は夏物にスイッチ。

着物コーディネート”6月の気候にむいてる単衣” 着物の中と小物は夏物にスイッチ。

6月は単衣を着るのですが、日中の気温が20℃後半と暑くなったり、梅雨に入ると雨も振り蒸してきます。そんな6月は「大島紬」の単衣をよく着ています。

シャリっとた軽い生地が、肌にまとわりつかず、暑さやジメジメする気候も過ごしやすくしてくれます。大島紬は雨コートにできるくらいなので、多少の雨も平気です。色も薄めのものを選ぶと、見た目も涼しげになりますね。6月からは着物の下に着る襦袢、帯締・帯揚も夏物にスイッチしてより涼しげに。

きものと舞う 着付け

 

 

夏用の紋紗の半襟。

きものと舞う 着付け

6月と9月の単衣の時期だけに用いる楊柳の半襟もよりお洒落度が上がります。

きものと舞う 着物

6月の帯についてはこちらをどうぞ!

 

大島紬の単衣は5月の暑い日も着ています!気温に合わせて臨機応変に着ちゃいましょう♪

こんな記事もいかがですか?



The following two tabs change content below.
居相美和子 miwako iai

居相美和子 miwako iai

八尾・大阪市内で、「きものと舞う」を主宰。初心者の人向けに、着付けと日本舞踊・上方舞を指導(山村流 山村若静和)。 くわしくはこちら。

生徒募集中!「日本舞踊・上方舞」「着付け」のお稽古を始めませんか?

「きものと舞う」<八尾><大阪市内>
o9o-6737-0773
https://wakashizuwa.jp/
お問い合わせは
こちら

<すべて、完全予約制・プライベートレッスンです。>
◆着物で伝統芸能を楽しむ「上方舞レッスン」、「上方舞体験レッスン
◆全5回で着物がきられるようになる「カンタン・ラクチン・キレイコース