日本舞踊のお稽古、体幹が鍛えられ姿勢も美しく、ヒップアップまでも!

日本舞踊のお稽古、体幹が鍛えられ姿勢も美しく、ヒップアップまでも!

日本舞踊のお稽古、興味があってやってみたいけど敷居が高そう…、自分にはできそうにない…、と諦めたり、尻込みしていませんか? んんん〜〜〜、もったいない!着物美人、姿勢美人、所作美人になれるのに〜!

きものと舞うでは、皆さんに気軽に始めていただけるようなシステムのお教室となっています。お稽古は予約制のマンツーマン。月に3回、ご都合の良い日の11時〜21時くらいまでの間でお越しいただいてます。時間のご相談可能です。予約の変更も勿論大丈夫です。

1回のお稽古は約30〜40分程度。お教室で着物や浴衣に着替えていただいても結構です。着物が着られない方はお手伝いしますのでご相談ください♪

きものと舞う

お稽古は対面でのマンツーマン。お辞儀の仕方から立ったり座ったり、美しい姿勢で歩くこと、着物の袂の扱いやら扇の扱いなど、お稽古を重ねていくことで徐々に美しい姿勢や所作が身についてきます。

きものと舞うまずは足運び(歩き方)を学びます。ずっとスクワットをしているようになるので脚力がつき、ヒップアップにもなりますよ。普段しない動きに皆さん初めは戸惑われますが、回数を重ねると慣れてきます。また、お腹の下に力を入れ舞う際の姿勢を作るので体幹も鍛えられます。

足運びの後は、手ぬぐいを使った手習い曲をお稽古していきます。この曲には基本の型(動作)が入っているので手習い曲となっています。

きものと舞う

手習い曲が終わると扇を使う曲へ進んでいきます。指先まで美しく見えるようにと心がけます。こういうお稽古を重ねていく事で美しい所作へと繋がっていくんです。

きものと舞う

上方舞では、地唄という三味線音楽に振りをつけた演目があります。地唄は昔の流行歌で、中でも恋愛もんが人気!現代でも十分に胸がキュンとなります。恋愛に今も昔もないですもんね。逆に昔の人の純粋さにじ〜〜〜んとなってしまいます。そんな心情を表現することもお稽古していきます。皆さん、曲を聞きキュンキュンしてはります。

色んな曲があります。少女から遊女まで、隠居、尼まで。たくさんの女性の人生を、畳数畳の空間で表現する…上方舞の魅力でもあります。上方の伝統芸能に触れながら、身体を鍛え、心を鍛えることで、自分と向き合える時間となるんです。日々の生活の中にほんの少しでもそんな時間を作るのはいかがですか?

きものと舞う

The following two tabs change content below.
居相美和子 miwako iai

居相美和子 miwako iai

八尾・大阪市内で、「きものと舞う」を主宰。初心者の人向けに、着付けと日本舞踊・上方舞を指導(山村流 山村若静和)。 くわしくはこちら。

生徒募集中!「日本舞踊・上方舞」「着付け」のお稽古を始めませんか?

「きものと舞う」<八尾><大阪市内>
o9o-6737-0773
https://wakashizuwa.jp/
お問い合わせは
こちら

<すべて、完全予約制・プライベートレッスンです。>
◆着物で伝統芸能を楽しむ「上方舞レッスン」、「上方舞体験レッスン
◆全5回で着物がきられるようになる「カンタン・ラクチン・キレイコース