新春、国立文楽劇場でのお正月飾り“にらみ鯛”とお鏡開き!

新春、国立文楽劇場でのお正月飾り“にらみ鯛”とお鏡開き!

1月3日より公演されている新春文楽公演へ伺ってきました!玄関ロビーには「にらみ鯛」やお鏡が飾っていました。「にらみ鯛」ってご存知ですか?お正月の三が日の間、床の間や神棚、お膳に飾る縁起物だそうです。三が日は箸をつけないそうなんです、知らんかった〜!元旦の夜に箸をつけてたわー。あと、にらみ鯛には「厄災をにらんで寄せつけない」とも言われるそうです。なるほど〜!「にらみ鯛」について書かれてたので撮影してきました。

文楽劇場 にらみ鯛

新春公演の間は、舞台の上にもにらみ鯛がいてはります!

文楽劇場 新春舞台

この日は1月13日で、世間でいう鏡開き1月11日は過ぎていたのですが、お鏡がまだ飾られていました。というのも関西での鏡開きは1月15日と言われているからなんです!地域によって鏡開きの日が異なるようですね。関東では1月11日、関西では1月15日が多いようです。昔は1月20日だったそうなのでそのまま1月20日というところもあったり、京都では1月4日というところもあるそうです。

文楽劇場 お鏡

鏡開きの日は異なるようですが、肝心なんは、歳神さまが宿ったお鏡(お餅)をいただき、今年も無病息災でありますようにと祈る事ですね!

The following two tabs change content below.
居相美和子 miwako iai

居相美和子 miwako iai

八尾・大阪市内で、「きものと舞う」を主宰。初心者の人向けに、着付けと日本舞踊・上方舞を指導(山村流 山村若静和)。 くわしくはこちら。

生徒募集中!「日本舞踊・上方舞」「着付け」のお稽古を始めませんか?

「きものと舞う」<八尾><大阪市内>
o9o-6737-0773
https://wakashizuwa.jp/
お問い合わせは
こちら

<すべて、完全予約制・プライベートレッスンです。>
◆着物で伝統芸能を楽しむ「上方舞レッスン」、「上方舞体験レッスン
◆全5回で着物がきられるようになる「カンタン・ラクチン・キレイコース