文楽

Tagged
ゆかたコーディネート 小倉充子 近松

着物コーディネート“文楽柄のゆかた”で夏の文楽鑑賞へ

大阪・国立文楽劇場で開催されている「夏休み文楽特別公演」へ。 江戸型染作家の小倉充子さん作「近松」のゆかたをコーディネートしました。 近松門左衛門の代表作“曾根崎心中”や“心中天網島”などの名シーンが、文楽のお人形さんで描かれています。 文楽好きな私にとってひと目惚れのゆかた!「これ着て文楽へ行こう〜〜〜!」って♪ 少...Read More
2019初春文楽公演

2019初春文楽公演 夜の部へ、大好きな“阿古屋”が上演

今年の文楽鑑賞も初春文楽公演からスタート。今日は夜の部へ。 劇場内は、お鏡やにらみ鯛などお正月のお飾りで賑やかです。   夜の部は、「冥途の飛脚」「阿古屋琴責の段」。どちらも初春公演ではよく拝見する演目で、観やすいので初めてでも楽しめると思います。 太夫と三味線を間近で聴くのが好きなので、「出語り床(太夫と三...Read More
4月文楽公演

春のお出かけ♪ 四月文楽公演へ 襲名披露は華やか、曽根崎心中はお勉強に。

着物でのお出かけが気持ちがいい4月。平成29年 四月文楽公演を観に国立文楽劇場へ行きました。今回は六代 豊竹呂太夫襲名披露公演でもあったのでロビーにはお祝いが飾られいつもより華やかな雰囲気となっていました。 歌舞伎での口上はテレビなどで観たことがあるという方もいらっしゃると思いますが、文楽でも襲名披露の際には口上があり...Read More
きものと舞う

本棚を整理したら頭の中が整理できて、いま必要なものが明確に!嬉しい出会いも♪

きっかけはポストに入っていた「本買い取ります!」という近所にある”ブックオフ”のチラシ。今まで利用する機会がなかったけど、本棚が悲鳴をあげていることを思い出し。。。このチラシが目に入ったのも何かのご縁と、気合いを入れて本の整理をすることにしてみました… 整理していると、好みだったもの、夢中になったもの、仕事で必要だった...Read More
文楽劇場 にらみ鯛

新春、国立文楽劇場でのお正月飾り“にらみ鯛”とお鏡開き!

1月3日より公演されている新春文楽公演へ伺ってきました!玄関ロビーには「にらみ鯛」やお鏡が飾っていました。「にらみ鯛」ってご存知ですか?お正月の三が日の間、床の間や神棚、お膳に飾る縁起物だそうです。三が日は箸をつけないそうなんです、知らんかった〜!元旦の夜に箸をつけてたわー。あと、にらみ鯛には「厄災をにらんで寄せつけな...Read More