6月の着物

Tagged
着物コーディネート、夏大島着物、絽帯、江戸紅型

着物コーディネート “6月に活躍” 夏大島の着物!絽の夏帯と合わせて。

今日の最高気温は27℃。6月は単衣ですが、暑いので夏大島の着物をチョイス。軽くて涼しい着心地の良さがお気に入りです♪ 少し透け感はありますが、絽目はないので単衣着物の代わりにしています。 なので5月〜9月まで着ていることになります。特に5月中旬〜6月は大活躍です。 帯と小物は夏もので、 江戸紅型染めの絽名古屋帯に、絽帯...Read More
着物コーディネート“6月の帯” 八寸の名古屋帯 または 夏帯を締めます

着物コーディネート“6月の帯” 八寸の名古屋帯 または 夏帯を締めます

6月は単衣を着ます。それに合わせる帯は、八寸の名古屋帯、または夏帯を締めています。初夏のような暑さであれば迷わず夏帯を、25℃くらいなら八寸の名古屋帯にしたりと、その日の気候に合わせて決めています。6月に夏帯はまだ早いのでは?と思われるかもしれませんが、30℃近くになればもう夏と同じ。ルールにとらわれずに臨機応変に楽し...Read More
着物コーディネート”6月の気候にむいてる単衣” 着物の中と小物は夏物にスイッチ。

着物コーディネート”6月の気候にむいてる単衣” 着物の中と小物は夏物にスイッチ。

6月は単衣を着るのですが、日中の気温が20℃後半と暑くなったり、梅雨に入ると雨も振り蒸してきます。そんな6月は「大島紬」の単衣をよく着ています。 シャリっとた軽い生地が、肌にまとわりつかず、暑さやジメジメする気候も過ごしやすくしてくれます。大島紬は雨コートにできるくらいなので、多少の雨も平気です。色も薄めのものを選ぶと...Read More